「蔦沼」朝日で真っ赤に染まるブナ林の紅葉、初夏の神秘的な水鏡が美しい

| 撮影:五島 健司

青森県十和田市にある沼。蔦七沼と呼ばれる7つの沼のうち最大の沼。八甲田・十和田湖・奥入瀬渓谷エリアにある。

「蔦沼」の写真ギャラリー

蔦沼の基本情報

蔦七沼は「蔦沼」「月沼」「長沼」「菅沼」「瓢箪沼」「赤沼」「鏡沼」の7つの沼の総称です。
その中で最大の蔦沼は周囲1kmほど。駐車場から歩いて少しの距離で湖畔の展望デッキに到着します。

紅葉時(10月中旬~下旬)は沼の対岸の山々と水面が真っ赤に染まり、撮影スポットとして人気が高まっています。この周辺はブナの原生林が広がっており、野鳥が多いエリアです。

駐車場・トイレ・蔦沼までの遊歩道の様子は下記のブログをご覧ください。
★青森県十和田市「蔦沼」シンメトリー撮影スポット。〜深い森と空を映し出す水鏡。

撮影お役立ち情報

[周辺情報]
国道103号線から蔦温泉の入口に向うと、駐車場とトイレ、ビジターセンターがあります。
ビジターセンターの横から15分程度歩くと「蔦沼」につきます。そこから1時間程度の散策で「鏡沼」「月沼」「長沼」「菅沼」「瓢箪沼」を散策することができます。

関連・おすすめ記事

蔦沼 アクセスマップ(地図)

撮影スポット情報

項目Data
名称蔦沼
ふりがなつたぬま
住所青森県十和田市蔦温泉
駐車場有 / 無料:50台程度
トイレ

周辺・オススメ・関連する撮影スポットなど

撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       

検索&翻訳

オススメ記事&スポット

PAGE TOP