新道峠

山梨県笛吹市芦川町にある峠。富士山の撮影スポットとして有名。富士山と河口湖の大パノラマを楽しむことができる。

「新道峠」の写真ギャラリー

新道峠の基本情報

正面に富士山、真下に河口湖、そして左の奥には山中湖が見えます。河口湖の上が雲海になると幻想的な世界が広がります。

撮影お役立ち情報

撮影スポットへの道
河口湖の大石公園付近と山梨県笛吹市芦川町を結ぶ県道719号線(富士河口湖芦川線)を使うのが一番便利だと思います。

河口湖畔の大石公園から桑崎へ向かう途中を右側に右折して県道719号線にのり、そのまま進むと若彦トンネルになります。
トンネルを出たらすぐに右に曲がります。(トンネルのほうにUターンするような感じです)

そのまま細い道を進むと分岐が現れます。(分岐のところに小さな小屋のような建物があります)
これを左に曲がりまっすぐ進むと「水ヶ沢林道」にぶつかりますので右折します。この先には「すずらん群生地」がありその案内板が出ていたり、外灯がすずらんの形をしています。

しばらく進むと右側に大きな砂利の駐車場が出てきます。さらにまっすぐ進みます。
あとは案内板に従って進めば林道の終点の駐車場に着きます。
※林道はすれ違いはできない(1.5車線程度)ので退避場所を使いすれ違うようになります。

もうひとつのルートは国道358号線(精進ブルーライン)から県道38号線を通るルートです。精進湖から国道358号線を甲府南IC方面へ進みます。甲府市役所上九一色出張所の手前を左に曲がり県道38号線に入ります。「すずらん群生地」の案内板に従って進みます。途中から上記で案内した道になります。

撮影ポイントの駐車場
林道突き当たりの駐車場は5・6台程度駐車できます。少し下にも道路わきに数台ずつ停められるようなスペースが幾つかあります(峠の登り口までは少し歩く形になります)

撮影ポイントへ(徒歩)
駐車場の奥の階段を登り始めます。突き当たりに案内板が出てきます。右が大石峠・左がすずらん峠となっており、その下に第一展望台・徒歩12分、第二展望台・徒歩3分と書いてあります。
よって、左へ進みます。
3分ほど歩くと右側に第二展望台が出てきます。さらに少し急勾配の山道を10分ほど歩くと道の途中にソーラーパネルが現れます。その右側が第一展望台です。

写真を撮るのは第一展望台のほうが良いでしょう。日の出前に行くときは懐中電灯・ヘッドライトがないと危ないです。

関連・おすすめ記事

新道峠 アクセスマップ(地図)

撮影スポット情報

項目Data
名称新道峠
ふりがなしんどうとうげ
住所山梨県笛吹市芦川町
駐車場有 / 無料:10台程度
トイレ

周辺・オススメ・関連する撮影スポットなど

撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       

「新道峠」が含まれる特集

検索&翻訳

オススメ記事&スポット

PAGE TOP