旧御坂峠(御坂隧道)

山梨県富士河口湖町と御坂町藤野木にある県道708号線にある峠。旧トンネルと天下茶屋がある。富士山の眺望スポットとして有名。

「旧御坂峠(御坂隧道)」の写真ギャラリー

旧御坂峠(御坂隧道)の基本情報

現在は甲府盆地と富士吉田を行き来するには「新御坂隧道(1967年開通)」を通るのが一般的です。「新御坂隧道」は2778mのトンネルになっており、旧御坂峠の下を通っています。

旧御坂峠は旧道になりますが、路面は比較的整備されていて廃れている感じはありません。旧御坂峠の頂上(トンネル付近)には太宰治の小説「富嶽百景」の舞台となった天下茶屋があり、ほうとう・甘酒などを楽しむことができます。

河口湖を見下ろすと、「河口湖大橋」「六角堂」が見えます。

撮影お役立ち情報

峠の茶屋前が展望スペースになっており、車のすぐ近くから富士山と河口湖を撮影することができます。
雲海になっているときは富士山の手前の河口湖を雲が覆い、幻想的な風景を捉えることができるでしょう。

一番手前に左側から右側へ下がっていく稜線
次に右側から左側に下がっていく稜線
そして、河口湖
富士山

という構成になっています。
展望スペースを左右に移動すると稜線の位置・河口湖の位置が思ったより変化するので何パターンか構図を楽しむことができます。

展望台の一番右側には登山道の入り口がありその付近からだと木々を手前に入れた構図も挑戦できるでしょう。

フルサイズ機で400~500mmのレンズがあると富士山の頂上付近を画面一杯に納められ迫力ある写真が撮れます。

御坂峠は富士山の北側に位置するので、順光で富士山をはっきり写したい場合は午前中の早めの時間がお勧めです。

[車]
トンネルの入り口からすぐの所に登山道の入り口がありそこに2~3台程度の駐車スペースがあります。あとは、道路脇の展望スペース沿いに駐車する形になります。

[展望スペース]
柵があり路面は平らなので三脚はセットしやすいです。何個かベンチもあるので混雑していない場合はベンチに座りながらゆっくりとシャッターチャンスを待つことができます。


[トイレ]
公衆トイレがありますが、天下茶屋の営業時間中のみ利用できるようでした。(夜間や早朝は利用できません)

[その他]
周辺には野生のサル・シカがいました。御坂峠から河口湖に下る間に遭遇しましたが車の窓を開けていなかったので残念ながらシャッターチャンスを逃しました。

車が近づいている分には逃げませんでしたが、窓を開けた音で逃げてしまいました。窓を少し開けた状態で走っているとうまく撮影できそうですね。

旧御坂トンネルを通るときは、トンネルは狭く、中で車がすれ違うことはできません。通る前に車が来ていないかを確認しクラクションを鳴らしてからトンネルに入ると良いでしょう。

旧御坂峠(御坂隧道) アクセスマップ(地図)

撮影スポット情報

項目Data
名称旧御坂峠(御坂隧道)
ふりがなきゅうみさかとうげ
郵便番号401-0304
住所山梨県富士河口湖町河口2739
駐車場有 / 無料:5台程度

周辺・オススメ・関連する撮影スポットなど

撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       

「旧御坂峠(御坂隧道)」が含まれる特集

検索&翻訳

News

News
写真雑誌・個展・ウェブなどで数多くの風景写真を発表されている風景写真家/城郭写真家の五島健司さんがpixpotに参加。
写真等は 五島健司さんのマイページ(写真ギャラリー) からご覧頂けます。

オススメ記事&スポット

PAGE TOP