「毛無峠」~鉱山跡の荒涼とした風景と長野盆地の大雲海。紅葉と星景も美しい。

長野県上高井郡高山村・群馬県吾妻郡嬬恋村の境にある峠。

「毛無峠」の写真ギャラリー

毛無峠の基本情報

木々が少なく、岩と低い背丈の植物だけが荒涼と広がる場所です。
昔は国内でも最大規模の硫黄鉱山である「小串硫黄鉱山」がありました。現在は廃鉱になり、運搬用のリフト跡などが見受けられます。

ここは道路が突然終わり、「群馬県」という大きな看板があり、その横には「この先危険につき関係者以外立入り禁止。中之条土木事務所」という看板が立っています。

毛無峠ってこんなところです!

毛無峠は万座温泉から万座道路(県道466号・県道122号)を走った行き止まりに位置します。群馬県嬬恋村と長野県高山村の境にある峠で標高は1,823mあります。

志賀高原から万座経由で向かうと稜線を走る道路になっているので、標高はそれほど高く感じませんが、実際数値で見てみると標高1,800m超えですね!

志賀高原の日本国道最高地点である「渋峠」が2,172mあるので、標高感覚が麻痺してきます。

毛無峠には群馬県の看板と通行止めの標識があります。この峠はここで行き止まりになっています。

この峠は本当に風が強く、周囲を見渡してもあまり木々がありません。荒涼とした風景が広がっています。毛無峠は破風岳、御飯岳、土鍋山登山の拠点になっています。

ここは昔、小串硫黄鉱山があった場所で、今でも古く錆びついた鉄塔が何本か立っています。倒れた鉄塔もあり、廃墟感を醸し出しています。この鉱山は閉山して40年ほど経ちます。

荒涼とした山と谷、その先には北信五岳(飯綱山、戸隠山、黒姫山、妙高山、斑尾山)、善光寺平(長野盆地)、北アルプスの峰々とスケールの大きな絶景パノラマが広がっています。

毛無峠のポイント

・志賀高原(渋峠)から行くことができる
・荒涼とした独特の世界が広がる
・北アルプスが見える
・日本百名山「浅間山」が見える
・鉱山跡の鉄塔跡があり、廃墟感を味わえる
・秘境的な楽しみがある
・条件が良いと長野盆地の雲海を見ることができる
・夜は星が綺麗
・夏は涼しく避暑地になる

毛無峠へのアクセス・駐車場

毛無峠は万座温泉の南西方向に位置しています。まずは万座温泉を目指します。

[軽井沢方面からのアクセス]
軽井沢方面からは鬼押ハイウェーと万座ハイウェーを通り万座温泉に行きます。2つのハイウェーは有料になっています。鬼押しハイウェーを使わない場合は少し遠回りになりますが国道146号を使うと良いです。

[草津方面からのアクセス]
草津温泉から国道292号で草津白根山方面を目指し、そこから万座温泉に向かうルートがあるのですが、本白根山の噴火の影響によりこのルートは現在使えません。(2018年現在)

[志賀高原方面からのアクセス]
長野側から国道292号で渋峠を目指します。そこから山田峠経由で県道466号との分岐に向かいます。分岐から万座温泉へと向かいます。

万座温泉付近に着いたら、万座プリンスホテルのところにある分岐を西方向へと進みます。しばらく進むと県道112号にぶつかります。ここは鋭角になっているので注意しないと、長野県高山村に下りてしまいます!

鋭角を曲がったら、そのまま南下します。すると毛無峠に到着します。

万座温泉から毛無峠近くまでは木々の中を走りますが、毛無峠近くになると木々が無くなりスカイラインになります。

この写真は手前が毛無峠の駐車場、奥が万座温泉方向になります。車だと奥から手前に走ってくる感じになります。最後はガードレールの無い道路になっています。木の棒が並んでいますが、車がぶつかったら倒れて、車ごと谷に落ちていきそうです。

このクネクネとしたカーブは車やバイクを停めて写真を撮っている人が多いです。

木々がほとんどない斜面が広がっています。

急な斜面の一部を削って道路が造られています。道路の途中には展望の良い場所が幾つかありました。

ここが行き止まり地点です。駐車場が2つあり、この写真は手前の駐車場から撮影しています。

ここから先に進むともう一つ駐車場があります。
奥に見える山が破風岳です。

道はダートになっています。
ガードレールは無く、棒が紐で繋がっているだけ。
駐車場付近は平坦な場所なのでそれほど恐くはありません。

小串硫黄鉱山跡

毛無峠のシンボルとなっている鉄塔。

駐車場のすぐ近くに5本の鉄塔が並んでいました。駐車場から御飯岳への登山道が出ており、鉄塔の近くまで歩いて行くことができます。

「駐車場からの眺め」
この奥(鉱山跡)は立入禁止になっています。駐車場からは鉱山跡の道路を俯瞰することができました。

中央奥に見えるのが日本百名山・浅間山です。

「浅間山」

望遠レンズを使うと浅間山が主役の写真を撮ることができます。南を向いての撮影になるので日中は逆光になってしまいます。浅間山を撮影するのは早朝か夕方が良さそうです。

「鉱山跡の道路」
山の斜面に見えるつづら折りの道。

40年ほど前までは数千人がここで働いていたようです。

荒涼とした岩場。

緑の中に大きな岩場が見えました。この岩の感じは福島県の安達太良山にある沼ノ平(月のクレーターのような風景)とよく似ています。

夏の毛無峠

気象変化が激しい毛無峠。善光寺平(長野盆地)からの風が群馬側に吹き抜けていきます。
急峻な山の斜面から雲が湧き上がってきました。

複雑な地形に差し込む光

凹凸の激しい毛無峠からの風景。雲の切れ間から差し込む光がライトのよう。

毛無峠の雲海

空が焼けそうな日だったので、夕暮れまで毛無峠でのんびりすることにしました。太陽が北アルプスの方に沈んでいく頃、長野盆地(善光寺平)からモクモクと雲が湧き、大雲海状態になりました。

毛無峠は長野側から群馬側に風が流れることが多く、雲海が毛無峠にどんどん迫ってきました。
真っ赤に焼けた空と雲海は最高です。

雲海から顔を出している峰のシルエットが美しく、赤とオレンジのグラデーションが雲海の奥に広がります。
風が強く、雲海は大波のように激しく動き、徐々に毛無峠に向かってきます。

毛無峠までは雲に包まれないだろう。と思っていましたが、あっという間に峠は雲の中に入ってしまい、視界が無くなりました。

毛無峠 撮影後記

毛無峠は道路が行き止まりになっていることから「グンマー国境」などとネタにされることもあり、ドライブやツーリングにも人気の場所になっています。

「群馬県」という大きな標識と「関係者以外立入禁止」の看板はインパクトがあります。受け取り方によっては群馬県には関係者以外入れないのか!ってなりますね。

一眼レフカメラを三脚にセットして雲待ちをしていると、平日にもかかわらず、ちょくちょく車やバイクがやってきました。

風が強いことからラジコン飛行機を飛ばして楽しんでいる人もいます。破風岳などの登山口でもあり、登山客もちらほら。いろいろな目的で毛無峠に来る人がいます。

毛無峠はサンセットポイントとしてとても良い場所です。志賀高原(横手山ドライブイン)あたりにいて、午後から長野盆地(善光寺平)に雲が湧き出したら、万座温泉経由で毛無峠に移動してみると良い雲海写真が撮れるかもしれません。

温暖化で夏は平地の撮影は厳しいので、避暑をかねて志賀高原に何回か来ています。夏でも夜になると13度~15度程度で寒いほどです。

毛無峠から長野側に下りると高山村になります。高山村は「高山五大桜」「雷滝」「八滝」などの撮影スポットがあり、紅葉もとても美しい村です。

信州・高山村「しだれ桜の里」桜めぐり撮影紀行。〜絢爛「高山五大桜」撮影ガイド。

信州・高山村「紅葉」撮影ガイド。〜錦に染まる「日本で最も美しい村」の秋

関連・おすすめ記事

毛無峠 アクセスマップ(地図)

撮影スポット情報

項目Data
名称毛無峠
ふりがなけなしとうげ
住所長野県高山村
駐車場有 / 無料

周辺・オススメ・関連する撮影スポットなど

撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       

「毛無峠」が含まれる特集

撮影スポット情報

長野県「紅葉」撮影スポット・撮影ガイド

冠雪の北アルプス三段紅葉など

日本の代表的な紅葉名所である「涸沢カール」、2本の巨大滝を同時に見ることができる「米子大瀑布」、雄大で様々な表情を見せる「志賀高原・渋峠」、エメラルドグリーンの「阿寺渓谷・柿其渓谷」など紅葉の名所があります。 ※下記記載の時期はその年の気象条件によって変動しますので、参考程度に捉えてください。 ライブカメラで涸沢の紅葉を見ていれば、その年の紅葉のスタートがわかり、各地のライブカメラを参考にすると計画が立てやすいです。 [10月前半] まず、標高の高い北アルプスの「涸沢カール(標高2,300m)」「栂池(標高1,900m)」「乗鞍岳(標高2,800m付近)」、中央アルプスの「木曽駒ヶ岳・千畳敷カール(標高2,600m)から長野の紅葉が始まります。 その後「志賀高原の渋峠(標高2,170m)」「白駒の池(標高2,100m)」あたりに紅葉が進んできます。 高山系の紅葉写真を狙うのであれば「涸沢→栂池」「涸沢→乗鞍」のコース、「千畳敷カール→白駒の池」のコースなどが良いでしょう。 1ヶ所でバリエーションに富んだ紅葉の撮影スポットは「志賀高原」です。標高1,000~2,200m付近を車で移動できるので、雲海・沼や湿原の紅葉・荒涼とした山・一面が紅葉した山の斜面などが撮影できます。標高差により紅葉のスピードが違うので、紅葉の始まりから枯れ紅葉の写真も撮ることができます。 [10月中旬] 「乗鞍(一ノ瀬園地)」「上高地(標高1,500m)」「御嶽山」「鎌池(小谷村)」「山田牧場」「中津川渓谷(秋山郷)」「美ヶ原」 上高地は紅葉が早いイメージがありますが、意外と遅いです。(10月中旬から下旬) 上高地は河童橋付近にテント場があるので、テントを持っていって大正池・明神池・田代池などを中心に数日間の撮影も良いと思います。 この時期は「上高地と乗鞍」、少し足を伸ばして「鎌池」のコースがお勧めです。志賀高原付近で「山田牧場と秋山郷」のコースも良いでしょう。 乗鞍は滝の撮影ポイントも数多くあり、「番所大滝」「三本滝」「平湯大滝」「善五郎の滝」などがあります。 [10月下旬~11月上旬] 「奥裾花渓谷」「鏡池(戸隠)」「飯綱湖」「雷滝」「八滝」「大峰高原」「自然湖」「阿寺渓谷」「柿其渓谷」「遠山郷」「横谷渓谷」 この時期は「奥裾花と鏡池(戸隠)」のコース、木曽路の「阿寺渓谷」「柿其渓谷」のコースがお勧めです。阿寺渓谷・柿其渓谷は水の色がエメラルドグリーンで美しい紅葉の風景写真を撮ることができます。 前半は標高の高いところが限られているので状況を把握しやすいですが、後半はいろいろな所が一気に紅葉します。 ライブカメラなどで各地域の代表的な場所の紅葉を把握して、撮影スポット巡りの計画を立てると良いでしょう。

       
撮影スポット情報

信州「紅葉」撮影スポット
志賀高原・須坂市・高山村

志賀高原は標高の低いところから2,000m以上までの紅葉を一箇所で楽しむことができる撮影スポットです。大きなスケールの紅葉の撮影をしたい場合は志賀高原の「のぞき」という撮影ポイントがお勧めです。 周辺には「米子大瀑布」「山田牧場」「雷滝」など紅葉を楽しめるスポットが沢山あります。 「志賀高原〜長野県側より」 澗満滝 国道292号、志賀草津高原ルート沿いの駐車場に車を止め、2分程度の徒歩で観瀑台に到着します。対岸の岩を滑り落ちる美しい滝です。 一沼 国道292号線沿いにある、白樺と紅葉が美しい沼で、カメラマンに人気のスポットになっています。近くに大きな駐車場があります。 木戸池・丸池・琵琶池・蓮池・大沼池 この付近は沼が多く、沼と紅葉の写真を狙えます。片道1時間半の散策になりますが、志賀高原最大の沼である大沼池までの散策がオススメです。美しいブルーの水面と紅葉を楽しむことができます。 平床 国道沿いに湿原が広がっています。ここは白樺林になっており、白樺と紅葉と青空の写真を狙うと良いでしょう。 のぞき カメラマンによく知られている場所で、志賀高原らしいスケールの大きい紅葉のパノラマが広がります。山の斜面にモコモコとした紅葉が特徴的。 渋峠・芳ヶ平湿原 日本の国道最高地点の渋峠。眼下には芳ヶ平と草津の街並みが広がります。駐車場から紅葉と雲海が狙える撮影ポイントになっています。オススメは夜明け〜早朝。 草津白根山 渋峠から草津(群馬)側に向かうと草津白根山があります。火山活動の影響で近づくことができませんので、遠方からの撮影となります。 「高山村〜志賀高原」 高山村から志賀高原の熊の湯付近に抜ける県道66号線沿いの撮影ポイントです。 雷滝 雷滝は滝の裏側から滝を眺めることができる人気スポット。紅葉時期は観光客も大勢押し寄せます。滝の裏から迫力のある写真が狙えます。 八滝 雷滝とは対照的に、紅葉の山々の遠方に滝が見えます。付近の紅葉が素晴らしく、スケール感のある写真を撮ることができます。 山田牧場 笠ヶ岳の南斜面に広がる牧場で、紅葉が美しい場所です。

       
撮影スポット情報

信州「志賀高原」撮影スポット

志賀高原は長野県山ノ内町の上信越高原国立高原にあります。国道292号がメインの道路になっており、長野側から草津側へと抜けることができます。 20万年ほど前の志賀山の噴火により川がせき止められ、大沼池・一沼・琵琶池・丸池・蓮池・長池・三角池・木戸池・ひょうたん池などの湖沼が誕生しました。新緑・紅葉の時期はそれぞれに違った風景を堪能できます。 特に最大面積を誇る大沼池は驚くほどのブルーで一見の価値あり。ハイキングコースとして人気が高く学生の旅行やツアー客で賑わいます。 長野と群馬の県境にある渋峠は日本全国の国道の中で最高地点になり、標高2,172mの駐車場からは池塘の広がる芳ヶ平・草津白根山・草津の温泉街・榛名・赤城の山々、そして遠方には富士山の絶景が広がります。 駐車場から絶景撮影を楽しむことができるので、カメラマンも多く、紅葉の時期の早朝は50名以上が押し寄せたりします。標高が高いので雲海の撮影スポットとしてもよく知られています。 初夏には田ノ原湿原・スキー場のゲレンデなどにはニッコウキスゲ・レンゲツツジツツジなどの花が咲き誇ります。 夏のオススメは「石の湯ゲンジボタル」。ここの蛍は標高日本一・発生期間日本一・寿命日本一・幼虫の上陸期間日本一・明滅周期が長いなどの特徴があり、渓流沿いに飛び交う蛍の光跡は幻想的で美しいです。 紅葉の季節は一沼・蓮池・のぞき・渋峠を巡るコースが良いでしょう。

       

検索&翻訳

オススメ記事&スポット

PAGE TOP