志賀高原ゲートウェイステーション

志賀高原ロープウェイの営業が終わり、蓮池にあったロープウェイ駅舎がリニューアルして「志賀高原ゲートウェイステーション」になりました。志賀高原観光の拠点となる施設で、観光前や撮影途中に一息つける場所です。無料Wi-Fi環境も用意されており旅行の計画立案などにも。施設内には、お土産売店、信州そば店、地産地消 期間限定メニュー「根曲り竹定食」を提供している「山の食堂 1959」があります。

「志賀高原ゲートウェイステーション」の写真ギャラリー

志賀高原ゲートウェイステーションの基本情報

隣接している「総合会館98」の中には、観光情報を得るのに便利な総合案内所(インフォメーションセンター)やコンサートホール、オリンピック・パラリンピック記念館、長野県志賀高原自然保護センターなどがあります。
近くに志賀高原郵便局もあり、郵便物発送やATMの利用ができます。

志賀高原ゲートウェイステーション アクセスマップ(地図)

撮影スポット情報

項目Data
名称志賀高原ゲートウェイステーション
ふりがなしがこうげんげーとうぇいすてーしょん
住所長野県山ノ内町平穏
駐車場有 / 無料大駐車場あり
トイレ

周辺・オススメ・関連する撮影スポットなど

「志賀高原ゲートウェイステーション」が含まれる特集

撮影スポット情報

信州「志賀高原」撮影スポット

志賀高原は長野県山ノ内町の上信越高原国立高原にあります。国道292号がメインの道路になっており、長野側から草津側へと抜けることができます。 20万年ほど前の志賀山の噴火により川がせき止められ、大沼池・一沼・琵琶池・丸池・蓮池・長池・三角池・木戸池・ひょうたん池などの湖沼が誕生しました。新緑・紅葉の時期はそれぞれに違った風景を堪能できます。 特に最大面積を誇る大沼池は驚くほどのブルーで一見の価値あり。ハイキングコースとして人気が高く学生の旅行やツアー客で賑わいます。 長野と群馬の県境にある渋峠は日本全国の国道の中で最高地点になり、標高2,172mの駐車場からは池塘の広がる芳ヶ平・草津白根山・草津の温泉街・榛名・赤城の山々、そして遠方には富士山の絶景が広がります。 駐車場から絶景撮影を楽しむことができるので、カメラマンも多く、紅葉の時期の早朝は50名以上が押し寄せたりします。標高が高いので雲海の撮影スポットとしてもよく知られています。 初夏には田ノ原湿原・スキー場のゲレンデなどにはニッコウキスゲ・レンゲツツジツツジなどの花が咲き誇ります。 夏のオススメは「石の湯ゲンジボタル」。ここの蛍は標高日本一・発生期間日本一・寿命日本一・幼虫の上陸期間日本一・明滅周期が長いなどの特徴があり、渓流沿いに飛び交う蛍の光跡は幻想的で美しいです。 紅葉の季節は一沼・蓮池・のぞき・渋峠を巡るコースが良いでしょう。

       

検索&翻訳

オススメ記事&スポット

PAGE TOP