毛賀くよとのシダレザクラ

長野県飯田市にある枝垂桜で推定樹齢300年、胸高周囲3.8m、樹高15m。旧遠州街道の供養塔のそばにある。斜面を這うように広がる枝は見事である。

「毛賀くよとのシダレザクラ」の写真ギャラリー

毛賀くよとのシダレザクラの基本情報

この桜は江戸時代初期に住民が植えたとされています。供養塔があるので「くよと」の桜と呼ばれてきました。

斜面に沿って横に長い桜になっています。一度見たら忘れない、特徴のある木です。

撮影お役立ち情報

桜の下の道路からは鉄製の階段が作られています。
桜の木の下には供養塔があり、桜の幹の一段下には小さな車が通れる程度の道路が通っています。
桜の左右、下からの撮影だけでなく、桜の奥の山の斜面に登っても撮影できます。地元の方が草を刈ってくださっているそうです。
(桜上部の山の斜面は草は刈ってありますが、バラの棘のある枝が残っているので注意して登りましょう)

関連・おすすめ記事

毛賀くよとのシダレザクラ アクセスマップ(地図)

撮影スポット情報

項目Data
名称毛賀くよとのシダレザクラ
ふりがなくよとのしだれざくら
住所長野県飯田市松尾毛賀685
駐車場不明 /

周辺・オススメ・関連する撮影スポットなど

撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       

「毛賀くよとのシダレザクラ」が含まれる特集

検索&翻訳

オススメ記事&スポット

PAGE TOP