ピクスポット (絶景・風景写真・撮影スポット・撮影ガイド)

信州・善光寺平

善光寺平は千曲川流域の盆地で、千曲市、長野市、小布施町、高山村、飯綱町、中野市などが含まれます。千曲市にある「姨捨の棚田」は撮影スポットとして有名です。

信州「高山村」撮影スポット

高山村は長野県の北東部・善光寺平の東側に位置している自然豊かな地域です。

しだれ桜の名所として知られ、春には数十本のしだれ桜が咲き競います。「黒部のエドヒガン桜」「水中の枝垂桜」「赤和観音の枝垂桜」「中塩の枝垂桜」「坪井の枝垂桜」は高山五大桜と呼ばれており、桜巡りをする人々で賑わいます。

小布施町付近から志賀高原へと抜ける県道66号線沿いには、紅葉が美しい松川渓谷、滝の裏側から大迫力の水量を味わうことができる雷滝、紅葉の名所である山田牧場があり、写真撮影・ドライブコースとしてオススメです。

松川沿いには、奥山田温泉、五色温泉、七味温泉、松川渓谷温泉、山田温泉など数多くの温泉がありますので、撮影旅行の宿泊や日帰り入浴などに良いでしょう。

信州「須坂市」撮影スポット

須坂市は長野市の東側にあり、江戸時代には製糸業で栄えた場所です。昔からの商家が現在でも残っており、蔵の街として知られています。

隣接する高山村の高村五大桜が有名なように、この地域は桜の古木の宝庫。ここ須坂市にも、弁天さんのしだれ桜・大日向観音堂のしだれ桜・長玅寺の桜・東照寺のシダレザクラ・大廣院のシダレザクラ・延命地蔵堂の桜・高顕寺のソメイヨシノ・萬龍寺のシダレザクラ・金毘羅山のシダレザクラ・亀倉神社の桜 などの古木が多数存在します。高山村の五大桜とあわせて巡ると良いでしょう。

「さくら名所100選」に選ばれている臥竜公園では竜ヶ池を囲むようにソメイヨシノ・しだれ桜などが160本あり、公園全体では600本もの桜が咲き乱れます。
しだれ桜が水面に枝を伸ばし、花いかだが水面を漂います。水と桜の撮影を狙う絶好の撮影ポイント。マジックアワーには善光寺平の光と紺色の空がミックスされた言葉にならないような幻想的な風景に出会えます。

根子岳山麓に広がる標高1,500mにある「峰の原高原」は菅平高原に隣接しており、北アルプス・北信越の山々の大パノラマが広がります。

豊丘地区にある「五味池破風高原」は長野県最大規模のレンゲツツジの群生があり、こちらも北アルプス・北信五岳・善光寺平の眺めが素晴らしい。

日本の滝百選に選べばれている「米子大瀑布」は、屏風のような岩盤から流れ落ちる二条の滝。須坂市内から林道を車で約40分、そこから30分ほどのトレッキングで滝のそばまで行くことができます。遊歩道は周回できるようになっており、滝の反対側からみる二本の滝のシンメトリーは圧巻。

信州「中野市」撮影スポット

中野市は長野県北部、善光寺平の北東の志賀高原の入り口にあり、地域のシンボルとなっている高社山と千曲川に囲まれています。

2015年には北陸新幹線が開通し北信の山々に囲まれた善光寺平をW7系が駆け抜けます。

高社山西麓にある「谷厳寺」は千本の桜が咲き誇り、傾斜地に風が吹き抜けると空が埋まるほどの桜吹雪に包まれます。山門付近には推定樹齢250年の古桜があります。

初夏には「東山公園・谷厳寺・高野辰之記念館 」の紫陽花巡り、「浜津ヶ池」の蓮がオススメ。

信州「長野市」撮影スポット

長野市は長野県の県庁所在地で、善光寺の門前町として知られています。
都市部から少し離れれば豊かな自然が広がっており、撮影スポットも数多く存在しています。

カメラマンに一番よく知られているのは戸隠の「鏡池」だと思います。無風の日には戸隠連峰の山々が水鏡に映り、静かなシンメトリーの世界が目の前に広がります。

この周辺には「みどりが池」もあり、こちらはカラマツ林と戸隠の岩山が美しく、特に紅葉の時期がオススメです。

曇天・小雨の時は「戸隠神社」の杉並木が良いでしょう。2kmにも及ぶ杉並木は見事。

長野市街地から白馬に抜ける国道406号を走れば、日本百景の一つ、「奥裾花渓谷」の入口。紅葉時には渓谷が秋一色に染まります。「奥裾花自然園」は81万本もの水芭蕉が咲く、日本一の湿原です。

裾花渓谷入口周辺は「鬼無里(きなさ)盆地」と呼ばれ戸隠連峰と集落は日本の原風景。

国道19号から小川村へ抜ける白馬長野有料道路付近の「中条地区」からは目の高さに北アルプスの眺望が広がります。

北アルプスの写真を撮りたい時にもうひとつオススメの場所は、国道19号から県道12号を南下した「大岡地区」。この道路はアルプス展望道路と呼ばれ、松本から白馬までの北アルプスの大パノラマが広がります。

信州「飯山市」撮影スポット

飯山市は長野県最北部に位置し、鍋倉山・斑尾山などの山々の連なりと千曲川の流れが美しい場所です。
平成26年度には北陸新幹線が開通し、飯山駅が誕生しました。

春は千曲川沿いの丘が黄色一面に染まる「菜の花公園」が有名。ここは唱歌「おぼろ月夜」の舞台となった場所で、菜の花とその中にある桜のコラボレーションを楽しむことができます。夕暮れ時には一面の菜の花と夕日に染まる千曲川の絶景が待っています。

野沢温泉村との境にある西大滝ダムの「さくら広場」は市内より遅れて桜が咲きます。

北竜湖の湖畔に咲く菜の花畑は撮影スポットとしてよく知られています。湖面に映る新緑や桜の写真を撮ることができます。

初夏には苔むした石段と山門にあじさいがよく似合う「高源院 」がオススメ。戸隠スキー場の麓にあります。

信州「千曲市」撮影スポット

千曲市は長野市の北部の千曲川沿いにあります。

撮影スポットとして知名度が高いのが「姨捨の棚田」。眼下には善光寺平(千曲市から長野市方面まで)の大パノラマが広がります。夕暮れ・夜景の撮影が特に人気です。

JR東日本・篠ノ井線の姨捨駅からの景色は「日本三大車窓」に選ばれており、鉄道ファンにもよく知られています。

春は日本一のあんず・科野の里。森・倉科地区に十万本ものあんずが咲き誇ります。長野の自然100選に選ばれている大雲寺の桜もオススメ。

信州「飯綱町」撮影スポット

飯綱町は長野県北部に位置するリンゴの産地として有名です。

10haの桃畑が広がる「丹霞郷」は洋画家岡田三郎助が「まるで丹い霞がたなびいているようだ。」といったことからと名付けられました。残雪の北信五岳と桃畑、どこまでも広がる青空が美しい撮影ポイントです。

4月中旬から5月初旬は5haの湿地帯に約40万株の水芭蕉とキュウリンカ、ニリンソウが咲き誇る「むれ水芭蕉園」がオススメ。

町内には「黒川・桜林の大桜」「地蔵久保の大山桜」「袖之山の枝垂桜」「曹源院の枝垂桜」など桜の名所が多数あります。

撮影スポットマップ

上に戻る