蓮台寺 あじさい寺

Camera : NIKON D90

長野県長野市若穂にある真言宗智山派の寺院。あじさい寺として知られ、約2000株のあじさいが咲く。本尊の阿弥陀如来像が重要文化財に指定されている。

「蓮台寺 あじさい寺」の写真ギャラリー

蓮台寺 あじさい寺の基本情報

仁王門から本堂までの300メートル以上の階段の脇にあじさいが咲いています。
この寺院は九品の阿弥陀如来を本尊としてますが、数々の火災によって八体が焼失し、一体のみが残りました。

1694年に焼失した八体を造立し、その後焼失した本堂も再建され現在の寺院の形になっています。

蓮台寺の山門には樹齢450年と言われている枝垂桜もあります。

関連・おすすめ記事

蓮台寺 あじさい寺 アクセスマップ(地図)

撮影スポット情報

項目Data
名称蓮台寺 あじさい寺
ふりがなれんだいじ
住所長野県長野市若穂綿内4672
駐車場有 /

周辺・オススメ・関連する撮影スポットなど

「蓮台寺 あじさい寺」が含まれる特集

撮影スポット情報

信州「長野市」撮影スポット

長野市は長野県の県庁所在地で、善光寺の門前町として知られています。 都市部から少し離れれば豊かな自然が広がっており、撮影スポットも数多く存在しています。 カメラマンに一番よく知られているのは戸隠の「鏡池」だと思います。無風の日には戸隠連峰の山々が水鏡に映り、静かなシンメトリーの世界が目の前に広がります。 この周辺には「みどりが池」もあり、こちらはカラマツ林と戸隠の岩山が美しく、特に紅葉の時期がオススメです。 曇天・小雨の時は「戸隠神社」の杉並木が良いでしょう。2kmにも及ぶ杉並木は見事。 長野市街地から白馬に抜ける国道406号を走れば、日本百景の一つ、「奥裾花渓谷」の入口。紅葉時には渓谷が秋一色に染まります。「奥裾花自然園」は81万本もの水芭蕉が咲く、日本一の湿原です。 裾花渓谷入口周辺は「鬼無里(きなさ)盆地」と呼ばれ戸隠連峰と集落は日本の原風景。 国道19号から小川村へ抜ける白馬長野有料道路付近の「中条地区」からは目の高さに北アルプスの眺望が広がります。 北アルプスの写真を撮りたい時にもうひとつオススメの場所は、国道19号から県道12号を南下した「大岡地区」。この道路はアルプス展望道路と呼ばれ、松本から白馬までの北アルプスの大パノラマが広がります。

       

検索&翻訳

オススメ記事&スポット

PAGE TOP