「焼走り熔岩流展望台」扇状に広がる岩原から眺める岩手山

Camera : NIKON D800E | レンズ焦点距離 : 70mm(APS-C : 47mm)

岩手山の噴火により流れ出た溶岩が冷え固ってできた、長さ3km・横幅1kmの扇状岩原です。

「焼走り熔岩流展望台」の写真ギャラリー

焼走り熔岩流展望台の基本情報

焼走り熔岩流は日本百名山「岩手山」の東麓、岩手県八幡平市に位置しています。岩手山噴火時に中腹から噴き出し、流れ出た溶岩が冷え固まり扇状に形成されました。

荒涼とした岩原が広がり、その先には雄大な岩手山を望むことができます。この場所は国の特別天然記念物、十和田八幡平国立公園の特別保護区になっています。

熔岩流が出来たのは比較的新しく、1732年の噴火時という説が有力です。

駐車場からも岩手山が良く見えます。散策しなくとも岩手山の写真が撮れるので、近くを通る時は立ち寄ってみると良いですよ。


焼走り熔岩流展望台 アクセスマップ(地図)

撮影スポット情報

項目Data
名称焼走り熔岩流展望台
ふりがなやきばしりようがんりゅうてんぼうだい
住所岩手県八幡平市
駐車場有 / 無料:観察路入口に無料駐車場有り(50台以上)
トイレ

周辺・オススメ・関連する撮影スポットなど

撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       

検索&翻訳

News

News
写真雑誌・個展・ウェブなどで数多くの風景写真を発表されている風景写真家/城郭写真家の五島健司さんがpixpotに参加。
写真等は 五島健司さんのマイページ(写真ギャラリー) からご覧頂けます。

オススメ記事&スポット

PAGE TOP