「玉川温泉大橋」〜八幡平の山々と錦秋の峡谷は紅葉狩りの名所

Camera : NIKON D800E | レンズ焦点距離 : 16mm(APS-C : 11mm)

秋田県仙北市の新玉川温泉の入口にある橋で、紅葉の名所。遠方には八幡平の山々が見える。

「玉川温泉大橋」の写真ギャラリー

玉川温泉大橋へのアクセスと駐車場

アクセス

田沢湖方面からは国道341号を北上します。ダム湖である宝仙湖を通り、玉川温泉を目指します。新玉川温泉の入口に大橋があります。

駐車場

橋を渡り新玉川温泉方面へ向かうと、橋の南側に秋田県営玉川温泉ビジターセンターがあります。ビジターセンターの横に50台以上が駐車できるスペースがあります。

橋の歩道は広く、観光客がゆっくりと紅葉を楽しめるようになっています。時間帯によっては数十人が紅葉狩りを楽しんでいました。
橋の上からは360度、紅葉風景が広がっています。

「橋の上の様子」

この写真は橋の上から八幡平方向を望んでいます。

「西側の紅葉」

Camera : NIKON D800E | レンズ焦点距離 : 16mm(APS-C : 11mm)

橋の上から川の下流方向(西)を撮影しました。右側に見える道路が国道341号です。

「青空と八幡平」

Camera : NIKON D800E | レンズ焦点距離 : 16mm(APS-C : 11mm)

しばらく青空待ちをしていたら、八幡平方向に青空が見えてきました。八幡平の山の上はなかなか雲が抜けてくれません。

「ダイナミックな雲」

紅葉の山々の奥から放射状に広がる雲。躍動感のある紅葉写真になりました。
国道341号のスノーシェッド(雪よけ)が中央に映りますが、雪国の紅葉風景として良い味になっています。

「峡谷とスノーシェッド」

この日は雲が多く、なかなか青空が見えませんでした。橋の上からの撮影なので写真に立体感が出ます。

「八幡平」

望遠レンズで撮影すると八幡平の山々を大きく写すことができます。噴火によってできた荒々しい山の姿を見ることができます。

八幡平側の川沿いには橋と建物が見えます。

紅葉が半分ほど進んだ頃の撮影となりましたので、黄緑とオレンジ・赤が混ざりカラフルな写真となりました。

「紅葉の谷を見下ろして」

橋の上から紅葉を覗き込んでの撮影。特徴のある木を見つけて、望遠レンズで切り撮るのが楽しい場所になっています。

「秋の峡谷」

渓流を主役に。
新玉川大橋は八幡平の山々を入れたパノラマ写真、木々の切り撮り、そして紅葉の渓流写真と、3パターンの紅葉写真を撮ることができるスポットです。

レンズは標準・望遠・広角があると良いでしょう。広角レンズでも十分に画面を埋めてくれる程のスケールある紅葉絶景です!

新玉川大橋の紅葉 撮影後記

田沢湖から十和田湖に行く途中にある玉川温泉。だいぶ前になりますが温泉に行った時に橋があったのを思い出しました。

紅葉のピークには少し早かったのですが、他の紅葉スポット巡りの途中に通過する場所だったので立ち寄ってみました。

あまり天気の良くない日でしたが、橋に到着してしばらく撮影していると青空が出てきて爽快な紅葉写真を撮ることができました。

ここは温泉に近い観光名所なので観光客が多く賑やかな場所でした。橋の上で開放感があり、紅葉の美しさに感嘆の声が響き渡っていました。




玉川温泉大橋 アクセスマップ(地図)

撮影スポット情報

項目Data
名称玉川温泉大橋
ふりがなたまがわおんせんおおはし
住所秋田県仙北市田沢湖玉川渋黒沢1
駐車場有 / 無料

周辺・オススメ・関連する撮影スポットなど

撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       

検索&翻訳

オススメ記事&スポット

PAGE TOP