「レモン谷」レモン生産量日本一の生口島。瀬戸内海と多々羅大橋の大パノラマ

| 撮影:五島 健司

広島県尾道市「生口島」は国産レモン生産量日本一。多々羅大橋のたもとは「レモン谷」と呼ばれている。

「レモン谷」の写真ギャラリー

レモン谷の基本情報

尾道市瀬戸田町は本州四国連絡橋の尾道・今治ルート上にあります。尾道から向島・因島を通過すると生口島に到着します。この生口島と大三島に架かる多々羅大橋のたもとにレモン谷があります。

レモンの花は5月中旬、レモンが黄色くなるのは年末頃からになります。夏から秋にはグリーンのレモン、冬から春には黄色いレモンの景観を楽しむことができます。

この地では明治時代からレモン栽培がはじまり、現在では国産レモンのトップブランドとして知られています。生産量は年間900トンになります。


動画配信プロジェクトスタート pixpot × Fivese



レモン谷 アクセスマップ(地図)

撮影スポット情報

項目Data
名称レモン谷
ふりがなれもんたに
郵便番号722-2404
住所広島県尾道市瀬戸田町垂水
駐車場有 / 多々羅大橋(生口島側)に大型バス・自家用車駐車場有り
トイレ

周辺・オススメ・関連する撮影スポットなど

撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       

検索&翻訳

オススメ記事&スポット

PAGE TOP