秩父ハープ橋(秩父公園橋)

秩父市街地から秩父ミューズパークへ向かう途中の荒川に架けられた橋。ケーブルがハープのように見えることからハープ橋と呼ばれており、秩父のシンボルの一つになっています。

「秩父ハープ橋(秩父公園橋)」の写真ギャラリー

秩父ハープ橋(秩父公園橋)の基本情報

ハープ橋は秩父停車場秩父公園線にある、長さ530m・幅16mの大規模な斜張橋です。秩父ハープ橋の下には小さな武之鼻橋があります。

関連・おすすめ記事

秩父ハープ橋(秩父公園橋) アクセスマップ(地図)

撮影スポット情報

項目Data
名称秩父ハープ橋(秩父公園橋)
ふりがなちちぶはーぷきょう
住所埼玉県秩父市寺尾
駐車場不明 /

周辺・オススメ・関連する撮影スポットなど

撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       

「秩父ハープ橋(秩父公園橋)」が含まれる特集

撮影スポット情報

秩父の撮影スポット

埼玉県

秩父は都心から電車で1時間半ほどで、自然・歴史・祭りなどを楽しむことができるエリアです。 秩父地域は花の名所が多く、高原の牧場一面にポピーの花が咲き誇る「天空のポピー畑」、山の斜面を埋め尽くすほどの紫陽花が見事な「美の山公園」、数十本もの古いしだれ桜が境内を埋め尽くす「清雲寺のしだれ桜」、イチョウ並木が美しい「秩父ミューズパーク」、埼玉県最大級の棚田である「寺坂の棚田の彼岸花」などが人気の撮影スポットになっています。 秩父は盆地になっており、雲海が出やすい場所としても知名度が上がってきています。雲海の撮影ポイントは「秩父ミューズパーク(展望台)」と「美の山公園」。街明かりが雲海の下で光り輝き、街全体が宝石箱のような幻想的な風景になります。 滝や渓谷が多く、埼玉県で唯一日本の滝百選に選定されている「丸神の滝」、巨大なトチノキが見事な「大除沢不動滝」、紅葉の名所である「金蔵落としの渓流」「中津川渓谷」などがあります。 近年では秩父が舞台となったアニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」(通称:あの花)の聖地巡礼でも人気が高くなっています。 [秩父へのアクセス] 電車:西武新宿線「西武新宿駅」→「西武秩父駅」(約1時間半)

       

検索&翻訳

オススメ記事&スポット

PAGE TOP