「全昌寺」松尾芭蕉が奥の細道の旅で宿泊し俳句を詠んだことで知られる

| 撮影:五島 健司

石川県加賀市にある曹洞宗の寺院。大聖寺城主山口玄蕃頭宗永公の菩提寺で五百羅漢で知られている。

「全昌寺」の写真ギャラリー

全昌寺の基本情報

江戸時代末期に作られた極彩色が特徴的な五百羅漢像は、現在でも一体も欠けることなく存在しています。これらは加賀市指定文化財になっています。

奥の細道の行脚で芭蕉と曽良がこの寺院に一泊しました。宿泊した部屋は復元され、境内には句碑が作られました。


全昌寺 アクセスマップ(地図)

撮影スポット情報

項目Data
名称全昌寺
ふりがなぜんしょうじ
住所石川県加賀市大聖寺神明町1
駐車場有 / 約20台

周辺・オススメ・関連する撮影スポットなど

撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       

検索&翻訳

オススメ記事&スポット

PAGE TOP