「鶴仙渓」山中温泉の見所のひとつで、渓流と美しい橋が魅力的

| 撮影:五島 健司

山中温泉街を流れる大聖寺川にある渓谷で、遊歩道が整備されており、散策を楽しむことができる。

「鶴仙渓」の写真ギャラリー

鶴仙渓の基本情報

山中温泉街にある「こおろぎ橋」から、下流の「黒谷橋」までの約1.3kmの区間は鶴仙渓(かくせんけい)と呼ばれています。

渓谷の遊歩道を歩けば、趣ある橋や清らかな水の流れを楽しむことができます。

こおろぎ橋は江戸時代末期に建造され、総檜造りが特徴的で、情緒豊かな景観となっています。山中温泉のシンボル的存在です。

あやとり橋は、渓谷の中間に位置する長さ約100mの歩道専用橋です。緩いS字カーブが特徴的で、新緑・紅葉ともに美しい風景を見せてくれます。

黒谷橋は石造りのアーチ橋で、昭和初期に建造されました。黒谷橋のたもとには、奥の細道の旅で立ち寄った芭蕉を祀った御堂「芭蕉堂」があります。

鶴仙渓 アクセスマップ(地図)

撮影スポット情報

項目Data
名称鶴仙渓
ふりがなかくせんけい
郵便番号922-0127
住所石川県加賀市山中温泉下谷町
駐車場有 / 無料

周辺・オススメ・関連する撮影スポットなど

撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       

検索&翻訳

オススメ記事&スポット

PAGE TOP