「こおろぎ橋」山中温泉のシンボルで総檜造りが美しい橋

| 撮影:五島 健司

石川県加賀市にある総檜造りの橋。山中温泉のシンボルとなっている。

「こおろぎ橋」の写真ギャラリー

こおろぎ橋の基本情報

この橋の建造は江戸時代と伝えられており、1941年に現在の総檜造りの橋の形になりました。
橋の下には大聖寺川が流れ、この周辺は鶴仙渓(かくせんけい)と呼ばれる渓谷になっています。

深い谷の地形で、昔は行路がとても危険だったことから「行路危(こうろぎ)」と名がついたと言われています。風情のある橋は温泉のシンボルとして親しまれ、観光客が立ち寄ります。

こおろぎ橋 アクセスマップ(地図)

撮影スポット情報

項目Data
名称こおろぎ橋
ふりがなこおろぎばし
住所石川県加賀市山中温泉下谷町
駐車場有 / 無料:近隣にこおろぎ橋広場駐車場有り

周辺・オススメ・関連する撮影スポットなど

撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       

検索&翻訳

オススメ記事&スポット

PAGE TOP