鉢形城のエドヒガン桜

埼玉県大里郡寄居町にある城跡(崖城)。1476年(文明五)に長尾景春により築城された。蛇行する荒川の断崖上にある天然の要塞。現在は鉢形城公園となっている。

「鉢形城のエドヒガン桜」の写真ギャラリー

鉢形城のエドヒガン桜の基本情報

鉢形城には立派な一本桜があります。最近ライトアップも始まりましたので、桜撮影にはとても良い場所になりつつあります。
周囲が城跡なので人工物が少なく、一本桜とゆっくりと向き合うことができます。

桜情報
町指定天然記念物 「鉢形城の桜・エドヒガン」
2本の幹が一度伐採され、その株元から12本の芽が成長した。
高さ18m、枝張り23m、根回り6.5m。
樹齢150年。2013年はライトアップを開始。

撮影お役立ち情報

アクセス
関越自動車道 花園IC下車。
国道140号線を寄居方面へ。
玉淀大橋(北)交差点を左折し荒川を渡る。
国道254号線を進み東武東上線の線路を越え右折。
国道30号線を直進。
荒川とぶつかるところに鉢形城公園がある。

鉢形城のエドヒガン桜 アクセスマップ(地図)

撮影スポット情報

項目Data
名称鉢形城のエドヒガン桜
ふりがなはちがたじょうのえどひがんざくら
住所埼玉県大里郡寄居町鉢形2692-2
駐車場有 / 無料

周辺・オススメ・関連する撮影スポットなど

撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       

検索&翻訳

オススメ記事&スポット

PAGE TOP