鳥海国定公園

|

鳥海国定公園は秋田県と山形県境にまたがる日本百名山「鳥海山」を中心とした国立公園で、山、滝、日本海、ブナ林などの景観が美しい地域です。

日本百名山「鳥海山」周辺 撮影スポット

日本百名山・日本百景の一つに選定されている鳥海山(標高2,236m)は山形県遊佐町・酒田市、秋田県由利本荘市・にかほ市に跨る活火山です。周辺の地域によっては庄内富士、秋田富士、出羽富士とも呼ばれています。

山頂付近は夏場も溶けない万年雪があり、麓では雪どけ水が豊富に流れ出ています。 水源豊かな鳥海山の周辺には、「日本の滝百選 法体の滝」 「玉簾の滝」「一の滝」「二の滝」「奈曽の白滝」「元滝伏流水」などの滝が数多く点在します。

特に鳥海ブルーラインの入口にある「元滝伏流水」は幅30mもの伏流水が苔むした岩から吹き出しており、カメラマンに人気の高い撮影スポットになっています。真夏でも寒く感じるほどの冷気とマイナスイオンに包まれています。晴れた日には霧が立ちこめ、幻想的な空間が目の前に広がります。

山麓には風車と鳥海山の風景が美しい「仁賀保高原」、巨大奇形ブナの「あがりこ大王(中島台)」、海岸沿いの岩場「十六羅漢岩」など撮影ポイントが豊富です。

撮影スポット
       

撮影スポットマップ

※地図に表示される「大きな地図で見る」ボタンは、クリックしてもスポット情報等は表示されません。左側の+ボタンで縮尺を拡大して御覧ください。

サイト内のおすすめ記事

検索&翻訳

オススメ記事&スポット

PAGE TOP