「西蔵王放牧場のオオヤマザクラ」雄大な牧場に訪れる少し遅い春

| 撮影:五島 健司

山形県山形市にある西蔵王放牧場は野生のオオヤマザクラで知られる桜の名所。ゴールデンウィーク頃に見頃を迎える。

「西蔵王放牧場のオオヤマザクラ」の写真ギャラリー

西蔵王放牧場の概要

西蔵王放牧場は山形市から東へ12km、瀧山の麓に広がる標高600mの西蔵王高原にあります。この牧場は放牧期間の5月から10月までの平均気温が15度と牛たちが過ごしやすい気候となっています。

牧場には野生のオオヤマザクラが点在し、春は桜の名所として知られています。標高が高い場所なので見頃はゴールデンウィーク頃になります。オオヤマザクラは野生の品種で、ヤマザクラの仲間です。

西蔵王放牧場 撮影のポイント

[タイミング]
・桜の見頃は例年4月下旬〜5月上旬

[知識]
・桜の品種はオオヤマザクラで濃いピンク色が特徴的

西西蔵王放牧場へのアクセス

西蔵王放牧場は山形市街から自動車で約30分ほどです。バスも同様に山形駅から30分ほどになります。詳しい場所はページ下部の地図をご覧ください。

駐車場は無料で200台ほどのスペースがあります。

「群生」

撮影:五島 健司

オオヤマザクラの群生を撮影。
西蔵王放牧場は一本桜としての大山桜、群生する大山桜の両方を楽しむことができます。


撮影:五島 健司

この写真は主役のオオヤマザクラを中央に配置し、周辺を多めに入れることにより、牧場らしさが伝わる写真にしました。

「縦構図」

撮影:五島 健司

手前に一本のオオヤマザクラを配置しました。
背後の山にはヤマザクラが点在しており、それを画面奥に入れることにより、広大なロケーションが伝わる写真になると思います。


撮影:五島 健司

複数のオオヤマザクラが並んで花を咲かせていました。ここは背後が杉林になり、緑の前に美しいピンク色の桜が浮かび上がります。

「大山桜と残雪」

撮影:五島 健司

西蔵王放牧場は雪深い東北らしく、残雪と桜の共演を楽しむことができます。


撮影:五島 健司

力強いオオヤマザクラの巨木。
長い冬を終え春を謳歌しています。

「牧場の春」

撮影:五島 健司

緑の絨毯の上で咲き誇るオオヤマザクラ。
樹形の美しいオオヤマザクラを日の丸構図で撮影。

西蔵王放牧場のオオヤマザクラ アクセスマップ(地図)

撮影スポット情報

項目Data
名称西蔵王放牧場のオオヤマザクラ
ふりがなにしざおうほうぼくじょうのおおやまざくら
住所山形県山形市神尾
駐車場有 / 無料 : 200台
トイレ

周辺・オススメ・関連する撮影スポットなど

検索&翻訳

オススメ記事&スポット

PAGE TOP