信州・高山村「黒部のエドヒガン桜」〜孤高の気高さを漂わせる一本桜

長野県上高井郡高山村にある孤高の一本桜です。
田園風景の広がる高台に立ち、濃い花の色が特徴。
樹齢推定500年、幹周約7m、樹高約13m。
信州「高山五大桜」のなかで唯一のエドヒガンザクラで、最後に見頃をむかえます。

[ 黒部のエドヒガンと北信の山々 ]  綺麗な夕焼けでした。

夕暮れ時の「黒部のエドヒガン桜」です。
桜の上側に広い駐車場があり、桜と水田を俯瞰することができます。
遠くにはシルエットになった北信五岳がみえました。
左から飯縄山、高妻山、黒姫山。

写真の左側に通路があり、ライトアップされる正面になっています。
正面から見ると綺麗な半円に見えます。

この位置からだと左側に重心があるような形になっています。

高山村の民家を見守る一本桜。高台にあり開放感に溢れた場所です。

[ 黒部のエドヒガン ]

この桜は見る角度によって形がかなり変わります。
この位置から見ると右に長い感じになっています。
ちょうど背後に山の木々が入り、桜が浮き上がるような写真になります。

桜の花びらがピンクと白系の2色に見え、立体感のある桜の写真になりました。

夕暮れ時になると観光客は減り、桜の周りに人がいない時間帯もできました。
カメラマンは10名以上いました。

[ 黒部のエドヒガンと夕暮れの雲 ]  上空に雲が出ていました。

日没が近くなるとライトアップが始まります。
ライトアップされて浮かび上がる桜が綺麗です。

街の灯りとライトアップされた桜のバランスが素敵でした。
山々のシルエット、上空を流れる雲が良い味を出してくれています。

[ 輝満ちて ]  闇に浮かび上がる美しき桜と遠くの街灯り。

ライトアップにより桜が立体的に見え、その存在感が強くなりました。

風が無い日だったので、スローシャッターでも枝がブレずに撮影することができました。

ライトの光芒が綺麗です。

[ 孤高 ]  均整のとれた姿の美しい江戸彼岸桜。ライトアップにより陰影が強調され立体的に見えました。

漆黒の夜空に浮かぶ「黒部のエドヒガン桜」

均整のとれた扇状の樹形、近くで見ると存在感があります。
幹の前に桜の枝がないので、複雑な形状の幹がよく見えます。

人口の光が少ない場所にあり周囲は真っ暗になります。
ライトアップ終了後は、満天の星空と桜を撮影することができます。

「黒部のエドヒガン桜」へのアクセス

[ 黒部のエドヒガン ]

写真の建物は高山村役場。
役場前から「黒部のエドヒガン桜」駐車場までの道のりを写真で説明します。
この道路を左側に進みます。

高山村役場付近には「和美(なごみ)の桜」という姿が美しいシダレザクラがあります。
桜の前にはピアノが置かれていて、夜はライトアップが行われています。

[ 黒部のエドヒガン ]

ひとつ目の交差点を左折して坂道を登っていきます。

[ 黒部のエドヒガン ]

少し進むと右側に、一本のしだれ桜があります。
「二ツ石のしだれ桜」です。

[ 黒部のエドヒガン ]

坂道を登りきると長野県道112号線「万座道路」に合流します。

「止まれ」の標識があるT字路を右折します。

[ 黒部のエドヒガン ]

右折するとすぐ、左に入る道があります。
ここを左折します。

「黒部のえどひがん桜」という看板が出ていました。

[ 黒部のエドヒガン ]

センターラインの無い民家の中を通る道路です。

良く晴れた日は、この辺りから北アルプスが一望できます。
夜は長野市周辺に広がる善光寺平の夜景が見えます。

[ 黒部のエドヒガン ]

「信州高山桜まつり」期間中なので村内各所にピンクの、のぼりが立っていました。

しばらく直進して林の裏側の山へ向かいます。

[ 黒部のエドヒガン ]

道幅が狭いので注意して左に進みます。

[ 黒部のエドヒガン ]

写真の奥に小さな桜が見えます。
このT字路を左折します。

[ 黒部のエドヒガン ]

民家を通る細い道を抜けると視界が開けます。
右に入る道があるのでそちらに進みます。
小さい案内板がありました。

写真右奥に見えるのが「黒部のエドヒガン桜」です。

[ 黒部のエドヒガン ]

濃いピンクの江戸彼岸桜が正面に見えます。
歩行者専用の道路になっているので直進はできません。
駐車場への道は左になります。

[ 黒部のエドヒガン ]

少し進むと右側に上っていく道があるので、そちらに進みましょう。
ここも案内板が設置されています。

[ 黒部のエドヒガン ]

田園地帯の農道。左右の水田は棚田になっています。
坂の上の駐車場には、複数の種類の桜の木が植えてあります。

[ 黒部のエドヒガン ]

駐車場の入口です。
駐車場は土なので砂埃が凄いです。
ゆっくりと走りましょう。

[ 黒部のエドヒガン ]

駐車場は広く、菜の花畑がありました。

簡易トイレも設置されていました。

[ 静かな日暮れ ]  人が少なくなり、静かな一日の終わりを迎えます。

駐車場から「黒部のエドヒガン桜」を望む。
桜の時期は奥に見える残雪の山々に夕陽が沈んでいきます。
朝、昼、夕、夜、違ったシーンで撮影を楽しむことができます。

撮影スポット詳細

関連記事

検索&翻訳

オススメ記事&スポット

PAGE TOP