浄蓮の滝

静岡県伊豆市湯ケ島にある滝。近隣に「浄蓮寺」という寺院があったことからこの名が付いた。高さ25m、幅7mで「日本の滝100選」の1つである。

「浄蓮の滝」の写真ギャラリー

浄蓮の滝の基本情報

国道414号線沿いに目立つ看板が出ているので訪問時に迷うことは無いでしょう。

広い駐車場と売店があり売店の左側の「天城山浄蓮の滝」という大きなゲートを潜って滝に向かいます。
滝までは階段を下っていく作りになっており高低差もありますので足腰の弱い方には少々厳しい場所かもしれません。

道の途中には「浄蓮の滝資料館」「天城の九木制(ケヤキ)」があります。
階段をどんどん下っていくと建物が見えてきます。こちらはます釣りの料金所(天城国際鱒釣場)になっていました。
滝の少し下側の川でます釣りが楽しめるようになっています。

この建物を越えるとすぐに滝が見えてきます。
正面に滝が見え、左側に「ハイコモチシダ」の石碑、右手に「天城越え」の歌碑があり中央には鉄柵があって滝が良く見えません。
ご安心ください。
この「天城越え」の石碑の右側から滝全体が見えるようになっています。

滝から下流側を見ると右手にわさびの販売所があり、川側が鱒釣り場、山側がわさび田になっています。わさび田の下のほうまで道ができていますので、渓流を眺めながら散策するのも良いでしょう。


[柱状節理・ハイコモチシダ]
滝の右手には柱状節理(ちゅうじょうせつり:岩が柱上になったものの意味)が見えこの滝の良いアクセントになっています。

滝の左手にあるのがハイコモチシダです。
日本では珍しいシダでこのあたりが北限になっています。
国内では九州南部と伊豆半島だけに生息しています。
国内では浄蓮の滝で初めて発見された為、「ジョウレンシダ」とも呼ばれます。

撮影お役立ち情報

滝の前に着くと、正面に人間の背丈ほどの鉄柵があります。「ここからしか滝が見えないのか?」と思いがちですがその右側の川沿いの遊歩道から滝が良く見えます。
(はじめ「鉄柵の間からしか滝が見えないものだ」と思い鉄柵の隙間にレンズを入れて一生懸命撮影していましたが、後からその必要が無いことを知りガッカリしました)

観光客が多い場所なので、日中の観光客の多い時間帯は三脚を立ててのゆっくりとした撮影は厳しいかと思います。
早朝・日没時の撮影が良いでしょう。

関連・おすすめ記事

浄蓮の滝 アクセスマップ(地図)

撮影スポット情報

項目Data
名称浄蓮の滝
ふりがなじょうれんのたき
住所静岡県伊豆市湯ケ島浄蓮の滝
駐車場有 / 無料

周辺・オススメ・関連する撮影スポットなど

撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       
撮影スポット
       

「浄蓮の滝」が含まれる特集

検索&翻訳

News

News
写真雑誌・個展・ウェブなどで数多くの風景写真を発表されている風景写真家/城郭写真家の五島健司さんがpixpotに参加。
写真等は 五島健司さんのマイページ(写真ギャラリー) からご覧頂けます。

オススメ記事&スポット

PAGE TOP