回顧の滝(回顧の吊橋)

栃木県那須塩原市にある滝。滝に行く途中につり橋がある。滝を見た人が「振り返らずにはいられない」というところからこの名が付いた。

「回顧の滝(回顧の吊橋)」の写真ギャラリー

回顧の滝(回顧の吊橋)の基本情報

駐車場に車を停めるとすぐに遊歩道の入り口になります。
2つのコースがあり急なコースと緩やかなコースがあります。さほど距離の差は無いので緩やかなコースをお勧めします。

滝に行く手前に吊橋があり吊橋の手前で2つのコースは合流します。
吊橋は10m程度でしっかりしたものですが、吊橋なのでもちろん揺れます。

吊橋から塩原ダム方向をみると「もみじ谷大吊橋」を見ることができます。
吊橋を渡り右側に進むと観瀑台が現れます。

滝は川を挟んだ反対側に見えます。
幅があまり無い滝で上品な感じの滝ですね。
新緑・紅葉の季節が良いでしょう。

撮影お役立ち情報

観瀑台から川を挟んでみる形になりますので標準レンズと望遠レンズを持っていくことをお勧めします。
川といってもダムの上流部分なので結構距離があります。

回顧の滝(回顧の吊橋) アクセスマップ(地図)

撮影スポット情報

項目Data
名称回顧の滝(回顧の吊橋)
ふりがなかいこのたき
住所栃木県那須塩原市関谷国有林
駐車場有 / 無料:10台程度

周辺・オススメ・関連する撮影スポットなど

「回顧の滝(回顧の吊橋)」が含まれる特集

検索&翻訳

オススメ記事&スポット

PAGE TOP