ピクスポット (絶景・風景写真・撮影スポット・撮影ガイド)

「秋山郷」紅葉撮影ガイド 〜錦秋の天池と夏の終わりを告げる苗場山の池塘群

苗場山北西麓に位置する秋山郷は長野県栄村と新潟県津南町にまたがる中津川沿いの地域の総称であり、日本の秘境100選にも選ばれています。東を鳥甲山、西を苗場山に囲まれた河岸段丘が織り成す複雑で険しい地形はまさに陸の孤島。2014年12月には苗場山麓ジオパークとしても認定されました。また苗場山や鳥甲山への登山起点としても人気があります。秋山郷には天池や布岩、蛇淵の滝といった山間部特有の美しい風景が広がっており、特に紅葉に彩られた時期は一見の価値があります。秋山郷へは津南から入る新潟ルートと奥志賀から入る信州ルートの2つの選択肢があります。今回は奥志賀のカヤノ平から紅葉美しい雑魚川林道経由で秋山郷を訪れました。加えて晩夏に訪れた苗場山の池塘群も紹介します。



信州 奥志賀林道線で秋山郷へ

[ 秋山郷 ]  奥志賀のカヤノ平から雑魚川林道を経由して秋山郷を目指しました。林道沿いのブナ林の上品な紅葉が秋空に映え、すがすがしい空気に包まれていました。

長野県 志賀高原の蓮池から奥志賀林道線を北上し、カヤノ平手前から雑魚川林道を経由して秋山郷を目指しました。雑魚川林道は道幅も広くしっかり舗装されているので安心して走ることができます。道中には大滝やハーモニカの滝といった景勝地もあります。所々駐車可能なスペースが出てきますので気に入った場所で写真を撮ったり休憩したり出来ます。山側の植生は殆どが広葉樹です。この日はブナ林の上品な紅葉が秋空に映え、すがすがしい空気に包まれていました。

[ 秋山郷 ]  奥志賀林道は道幅も広く綺麗にに舗装されているので快適にドライブできます。所々駐車可能なスペースもあるので気に入った場所でゆっくり撮影できます。また、渓流にも降りられる場所が点在しているので川沿いの散策も可能です。

林道沿いには沢状の地形が多く見られます。これらの沢状地形には特に漆やナナカマドが群生していて、赤の強い紅葉が周囲のブナの黄葉にいいアクセントを与えていました。なお、奥志賀林道は11月下旬から翌年5月下旬まで冬季通行止めとなります。

[ 秋山郷 ]  屋敷付近からは中津川源流部の景観も楽しめます。この付近の川沿いは落葉樹の原生林なのでブナやケヤキの控え目でいて落ち着いた紅葉が印象的です。

秋山郷の最深部である切明地区を経由して国道405号に合流しました。切明温泉近くには夫婦滝等の観光スポットが点在しています。また河原に降りて自分で温泉を掘って入浴もできます。ここから国道を北上し屋敷地区に入りました。橋の上から見た中津川源流部の景観はブナやケヤキの控え目で落ち着いた紅葉に囲まれて非常に綺麗でした。

布岩

[ 布岩 ]  屋敷付近の道路上から見た布岩。青い空と秋の紅葉が柱状節理の独特な岩肌を際立たせていました。屋敷一帯からは苗場山の雄大な眺めを見ることもできます。

屋敷の集落を山側に上っていくと柱状節理が印象的な布岩が見えてきます。青い空と秋の紅葉がこの独特な岩肌を際立たせていました。道路沿いには駐車可能なスペースが点在しているので、そこに車を止めて撮影するとよいでしょう。また屋敷地区上部の道路沿いからは苗場山の雄大な眺めを見ることもできます。

天池

[ 秋山郷 ]  のよさの里近くの天池。遠景の鳥甲山と湖畔沿いのダケカンバの水面への映り込みが印象的でした。年によっては初冠雪した鳥甲山と天池の紅葉を同時に見ることもできます。午前中の時間が撮影にはお勧めです。

のよさの里近くの天池にやって来ました。小さくて非常に静寂な池です。遠景の鳥甲山と湖畔沿いのダケカンバの黄葉が鏡のような水面へ映り込み、非常に幻想的な雰囲気を醸し出していました。年によっては初冠雪した鳥甲山と天池の紅葉を同時に見ることもできます。10月中旬から下旬にかけてが見頃です。8時半には池全体に光が差し込み10時半には逆光となります。直近には車3台分ぐらいの駐車スペースしかないので、空いていなければキャンプ場付近まで戻って少し歩くことになります。

蛇渕の滝

[ 蛇淵の滝 ]  秋の蛇渕の滝。遊歩道入口から少し下った展望台から撮影しました。

大赤沢地区の蛇渕の滝にも寄ってみました。駐車場とトイレが完備されています。遊歩道入口から少し下った所に展望台があり、そこから撮影しました。滝壺には降りることができません。紅葉に囲まれて二段に流れ落ちる様子が印象的でした。

池塘の楽園 日本百名山「苗場山」

[ 晩夏の苗場山 ]  最短ルートである秋山郷小赤沢の三合目登山口から約2時間半、9合目手前に広がる池塘群。遠くに鳥甲山が見えます。山頂の池塘群までもう少しです。

ここからは8月に苗場山を訪れた時の様子を紹介します。最短ルートである秋山郷小赤沢の三合目登山口から登りました。この小赤沢登山口には未舗装ながら広大な駐車場と男女別水洗トイレが完備されていて前夜の車中泊も快適です。ゆっくり登ること約2時間半、7合目の急登を過ぎて8合目と9合目の間に来ると一気に視界が開けます。木道を歩いて振り返ると9合目池塘群の向こうに鳥甲山が望めます。

[ 9合目の池塘 ]  9合目付近から赤倉山方向を望む。山の夏は短く、もう草紅葉が始まりつつあります。

9合目付近から南を見ると赤倉山の稜線が望めます。美しい池塘がその水面に青空を映しこんでいました。されど山の夏は短く、もう草紅葉が始まりつつあります。ここから山頂までは約30分の行程です。

[ 山頂の眺め ]  山頂付近からは苗場山の雄大な高層湿地帯を俯瞰できます。また木道が整備されているので快適に池塘群を散策できます。

山頂に着きました。山頂付近からは苗場山の雄大な高層湿原を俯瞰できます。また木道が整備されているので快適に池塘を散策できます。天上に広がる大地に熊笹とハイマツが織り成す緑のグラデーション。夏の空気を残しつつも秋の足音が聞こえてきそうです。

[ 湧き上がる雲 ]  山頂湿原の周りは切り立った深い谷に囲まれているので午前の遅い時間には四方を雲に囲まれて幻想的な空間に包まれることもあります。

湿原を散策していると西側から雲が湧き上がってきました。山頂湿原の周りは切り立った深い谷に囲まれているので午前の遅い時間には四方を雲に囲まれて幻想的な空間に包まれることもあります。

[ 青空を映す池塘 ]  山頂付近の池塘にて。青空が水面に映えて清々しい時間が流れていました。苗場山は夏の終わりを迎えようとしています。

苗場山は新潟県と長野県にまたがる雄大な山ですが湿原のほとんどは信州側に位置しています。よって秋山郷からアプローチすると、行きと帰り、違った光線状態で湿原や池塘の風景を見ることができます。美しい新緑を見るには梅雨明け直後、完全な草紅葉を見るには9月中旬がよいでしょう。今、苗場山は夏の終わりを迎えようとしていました。

秋山郷周辺のおすすめ撮影スポット

秋山郷紅葉撮影の前後に回れるおすすめ撮影スポットを紹介します。

信州 高山村 「雷滝」

[  ]

信州高山村の雷滝付近は紅葉時期が秋山郷と同時期になっており、高山村の滝巡りと秋山郷観光のセットは旅行ツアーでも良く目にします。

雷滝は松川渓谷にある滝で滝を裏から見ることができることから別名「裏見の滝」と呼ばれています。松川の激しい水流で滝壺が轟音に包まれます。雷滝の詳しい訪問記は下記をご覧ください。
信州の名瀑「雷滝」撮影ガイド。~新緑から紅葉へ「松川渓谷」光の変化と季節の移ろい

信州 高山村 「八滝」

[ ひとすじの流れ ]  秋雨が降り出しそうな曇り空で撮影。晴天の場合は逆光になるので日中より朝夕がよいかも。

雷滝と同じ松川渓谷にある八滝は展望台から対岸の岩壁を流れる滝を眺めることができます。段数が八段になっていることから八滝と呼ばれており、紅葉時は駐車場待ちの渋滞が発生する人気撮影スポットです。
長野県上高井郡高山村は長野県の北東部に位置する山村で「日本で最も美しい村」連合に加盟しており、村の面積の8割以上が森林で植生が豊かな場所です。1,900mから900mの標高差があり、牧場、滝、渓谷、山と被写体の種類も様々で、標高ごとに趣の異なった紅葉の絶景を味わうことができます。
高山村の紅葉ガイドは下記記事をご覧ください。
信州・高山村「紅葉」撮影ガイド。〜錦に染まる「日本で最も美しい村」の秋

深い森に包まれた神秘的な「龍ヶ窪」

[ 深い森に包まれた神秘的な場所 ]  透明度の高い清らかな水が深い森を映し出します。緑に包まれた神秘的な場所。

新潟県津南町の標高450mほどの河岸段丘に位置する「龍ヶ窪」は1974年新潟県自然環境保全地域に指定され、ブナなどで囲まれた神秘的な森の姿を見ることができます。1日で沼の水すべてが入れ替わるほどの豊富な水量で水が濁ることがありません。「日本名水百選」のひとつに認定されています。
新潟県津南町「龍ヶ窪」名水百選の湧水。〜竜神伝説。神秘の泉を駆ける白龍

日本三大峡谷「清津峡」

[ 日本三大峡谷 ]  遊歩道最終地点のパノラマステーションからの眺望。圧倒的な柱状節理のV字谷が目の前に現れます。

新潟県十日町市にある清津峡は黒部峡谷・大杉谷とともに日本三大峡谷に数えられている景勝地で、国の天然記念物に指定されています。
新潟県十日町市「清津峡」日本三大峡谷のV字谷。〜聳え立つ柱状節理の岩壁
首都圏から関越自動車道を使い、津南町経由で秋山郷に向かう場合、石打と津南を結ぶ国道353号から少し入った所に清津峡はあります。

撮影スポット詳細
上に戻る